シェアサイクルのチャリチャリ、東京エリアに電動アシスト自転車導入

新車 レスポンス

シェアサイクルのチャリチャリは、これまでの一般軽快車に加え、東京エリアでの電動アシスト自転車の供用を3月25日より開始した。

チャリチャリは福岡、名古屋、東京の各エリアで事業を展開。東京エリアでは、2020年7月のサービス開始以降、台東区から墨田区にかかる「下町エリア」にてサービスを展開している。同エリアは平坦な道路が多いことから、20インチ・内装3段変速の一般軽快車(ベーシック)を導入してきた。

電動アシスト自転車は、過去最高の生産台数を記録(2021年度)するなど、幅広い世代と地域でその軽快さと走行性能が受け容れられつつある。チャリチャリでは、福岡市にて2021年10月より電動アシスト自転車の展開を開始し、国内のシェアサイクルサービスの中でも珍しい電動アシスト自転車と一般軽快車を組み合わせたサービスモデルを展開している。

今回、東京エリアでも、今後のより広域でのサービス展開を見すえ、坂道の多いエリアや中長距離での移動ニーズにも対応していくために、新たに電動アシスト自転車の供用を開始した。これまでの「ちょっとそこまで」の移動ニーズだけでなく、中長距離の移動や、デリバリーワーカーの利用ニーズにも対応する。

電動アシスト自転車の利用料金は1分15円、ベーシックは従来通り1分6円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • チャリチャリ《写真提供 neuet》
  • チャリチャリ《画像提供 neuet》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ