ホンダの着脱式可搬バッテリー、コマツの電動マイクロショベルに搭載…二輪車以外で国内初の市場導入

業界 レスポンス

着脱式可搬バッテリー「ホンダ モバイルパワーパック e:」が、コマツが国内でレンタルを開始する電動マイクロショベル「PC01E-1」に採用された。

PC01E-1は、ホンダとコマツが共同開発した電動マイクロショベル。管工事や造園、農畜産など、人や樹木・花卉と密接した作業現場で利用されることの多いコマツのマイクロショベル「PC01」に、モバイルパワーパックe:と電動パワーユニット「eGX」を搭載した。

電池残量が少なくなった際もモバイルパワーパックe:を交換することで、充電を待たずに作業を継続できる。また、低回転でも力を発揮できる電動パワーユニットの採用により、換気が困難な場所や、住宅地などの騒音を回避したい使用環境での作業ニーズに対応。操作性やメンテナンス性も向上し、作業者の負担軽減や、ゼロエミッションにも貢献する。

ホンダは2050年のカーボンニュートラル実現に向けてモバイルパワーパック e:の活用拡大を目指しており、さまざまな企業と搭載機器の検討を行っている。モバイルパワーパック e:を二輪車以外で活用した製品が市場導入されるのは今回が初めてとなる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ホンダ モバイルパワーパック e:《写真提供 本田技研工業》
  • 小型作業機用パワーユニット「eGX」《写真提供 本田技研工業》
  • ホンダ モバイルパワーパック e:《写真提供 本田技研工業》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ