眠くなると振動するシートカバー、トヨタ紡織が開発…運送事業者向け実証実験開始

テクノロジー レスポンス

トヨタ紡織は、走行中の眠気を抑制するとともに、眠気推定結果や運行前後の利用データを収集・可視化するIoTシートカバーを開発し、運送事業者向けに実証実験を開始した。

IoTシートカバーは、疲労状態推定システムと眠気抑制システムを搭載したデバイスで、スマートフォンアプリと連動して使用。疲労状態推定システムは内蔵のセンサーで心拍間隔を推定し、ドライバーが座るだけで、疲労状態を推定する。眠気抑制システムは車室内の専用カメラを用い、ドライバーの目や頭の動きを感知し、ドライバーの眠気レベルを推定。その眠気レベルに合わせて、シートカバーが振動したり、音楽が流れる仕組みとなっている。また、スマートフォンアプリから疲労状態推定結果や眠気推定結果をクラウドへ送信し、リアルタイムに運行管理者へ通知することもできる。

今回の実証実験はあいおいニッセイ同和損保と共同で実施。西濃運輸などの中長距離トラックドライバーにIoTシートカバーを利用してもらう。ドライバーの運行前後、走行中の疲労推定結果や眠気推定結果などのデータを収集。蓄積したデータをもとに、トラック運転者が眠気や疲労を生じにくい走行ルートや休憩を取るタイミングなどについて解析するとともに、システム全体の効果検証と改善を進めることで、ドライバーのより安全・安心な運行への貢献を目指していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • IoTシートカバー《写真提供 トヨタ紡織》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ