北海道電力のEVカーシェア実証実験、スマホが鍵になる「バーチャルキー」を活用

業界 レスポンス

イードとジゴワッツが共同開発した、スマホがクルマの鍵になる「バーチャルキー」が、4月1日から北海道電力が実施するEVカーシェアリングの実証事業に採用される。

バーチャルキーは、クルマのスマートキーの機能をスマートフォンに置き換えるスマートロックシステム。ジゴワッツの認証基盤技術「JigoAuth」を利用した認証サーバとスマートフォンアプリおよび専用車載器により構成。自動車の鍵の解錠・施錠だけでなく、プッシュスタートボタンの有効化・無効化操作も行うことができる。

バーチャルキーはこれまでも、NTT東日本の社用車を休日にカーシェア化する「ノッテッテ」、マンション住民に向けたEVカーシェアを提供する九州電力の「weev」、24時間非対面貸出しを実現した「オールタイムレンタカー」などに活用されている。

今回の実証事業では、北海道電力が行う、テスラ『モデル3』や日産『リーフ』を使ったEVカーシェアリングにバーチャルキーを活用。カーボンニュートラル実現に向けて取り組みを進めている11社の民間企業に利用してもらい、事業性および運用面の課題を検証する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • バーチャルキー《写真提供 イード》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ