診療予約に合わせてタクシー配車、医療MaaSアプリを実証実験へ 千葉市で

テクノロジー レスポンス

東京海上日動、デロイトトーマツコンサルティング、ケアプロ、電脳交通、千葉薬品、淑徳大学他2者は、診療予約とタクシー配車を繋ぐ医療MaaSアプリを活用した通院サポ―トプログラムの実証実験を5月より千葉市で開始する。

近年、免許返納後の高齢者や慢性疾患の罹患者増加に伴い、移動困難者が増加。身体機能が低下している患者の治療継続率低下や、日常における外出機会低下等といった課題に対し、MaaS導入による解決が期待されている。このような中、東京海上日動は、診療予約とタクシー配車を繋ぐアプリ「ZQN!」を開発。参画事業者と共同で、国家戦略特区である千葉市を拠点とした移動困難者の通院を支援する医療MaaSに関する実証実験を行うこととした。

実証実験は5月9日から8月10日まで、千葉市立青葉病院、同海浜病院に通院する千葉市在住患者を対象に実施。通院に不便を感じている患者、また、病院への付き添い等が負担になっている患者の家族に対して、診療予約に合わせた配車予約・介助士の移動支援を行うサービスが、治療継続・治療満足度向上につながるかを検証する。

まず患者は、アプリ「ZQN!」または専用コールセンターより通院日に合わせたタクシーの配車予約を行う。オプションとして、ケアプロが提供する外出支援プラットフォーム「ドコケア」を通じて付き添い介助士の依頼も可能だ。また、千葉薬品が提供する「ヤックスお薬手帳」アプリにて処方箋を登録することで、帰宅時に薬局に立ち寄り、待ち時間なく薬を受け取ることができる。さらにドラッグストア、スーパーで買い物をして、タクシーで帰宅することもできる。

今後は、実証実験で検証した結果を踏まえ、千葉市内における通院サポートプログラムの導入を検討。医療MaaSサービスの提供を通じた「治療継続率の向上」「QOL(Quality of Life)向上」を実現していく。また今回千葉市で検証するモデルを活用し、将来的にはスーパーシティ・スマートシティを目指す他自治体への展開にも取り組んでいく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 通院サポートプログラム実証実験:アプリ《画像提供 東京海上日動火災保険/デロイト トーマツ コンサルティング/ケアプロ/電脳交通/千葉構内タクシー/三ツ矢エミタスタクシーHD/千葉薬品/大乗淑徳学園淑徳大学》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ