アプリリア、MotoGP最高峰クラス初勝利…復帰から7年

モーターサイクル レスポンス

MotoGP第3戦アルゼンチンGPの決勝レースは4月3日、テルマス・デ・リオ・オンドで開催。アレイシ・エスパルガロとともにアプリリアがMotoGPクラスで初優勝を達成した。

1990年代のWGP(ロードレース世界選手権)で、アプリリアは125cc・250ccクラスで圧倒的な速さを誇っていた。原田哲也や坂田和人など日本人ライダーが活躍した他、バレンティーノ・ロッシもアプリリアを駆り、1997年に125ccクラス、1999年に250ccクラスで年間チャンピオンを獲得している。

その後アプリリアは、最高峰クラス制覇を目指し、2015年にMotoGPに復帰。しかしその壁は厚く、長く苦戦が続いていた。しかし、2021年のイギリスGPでアレイシ・エスパルガロがアプリリアにとって21年ぶりの表彰台を獲得。2022年、戦闘力を高めたアプリリア『RS-GP』で頂点を目指していた。

アルゼンチンGPの決勝レース、予選でポールポジションを獲得したアレイシ・エスパルガロはファステストラップを記録するなど、快調な走りを披露。混戦となったレース終盤、残り5周でトップを走るホルヘ・マルティン(ドゥカティ)を捕らえ、そのままトップでチェッカー。MotoGPクラス初勝利を達成するとともに、アプリリアに最高峰クラス初制覇をもたらした。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • MotoGPクラス初優勝を飾ったアプリリアチーム《写真提供 ピアッジオ グループ ジャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ