【フィアット 500e】サブスク型カーリース提供開始、月額5万3900円より

新車 レスポンス

ステランティスジャパンは、4月5日に発表した新型電気自動車(EV)フィアット『500e』の販売強化を目的に新たなサブスクリプション型カーリース「フィアットエコプラン」を開始。提供中のリースプラン「パケットフィアット」でも500eを選択可能とした。

500eの販売については2種類のカーリースのみを前提としており、シンプルな定額プランを提供することで、環境に配慮した電動シティカーを購入しやすい方法を提案。また充実したメンテナンスをパッケージ化することで、バッテリーを含めた車両のコンディションを長く最適に保つなど、サステナビリティにも貢献する。

パケットフィアットとフィアットエコプランはともに、頭金や複雑なEV補助金申請、税金の支払い、契約期間中の整備点検費用(充電費用などは除く)が必要なく、月々の定額利用料で車両に乗ることができるプログラムだ。主な相違点は、任意自動車保険を含むか否か、また途中解約が可能であるかどうか。サブスクリプション型リースのフィアット エコプランには年齢や保険等級を問わない任意自動車保険がセットになっており、車両保険や万一の際の弁護士費用、さらにはボディやガラス、タイヤまでを含む安心の補償を提供する。また契約期間中に車両が不要になった場合には、6か月毎の更新月に清算金を支払うことで、早期の契約終了が可能だ。

月額利用料(5年契約)は500e ポップの場合、サブスクリプション型のフィアット エコプランが5万3900円(ボーナス払い11万円×10回)、パケット フィアット3万4000円(同)となる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • フィアット 500e《写真提供 Stellantisジャパン》
  • フィアット 500e《写真提供 Stellantisジャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ