【スーパーフォーミュラ 第1戦】開幕戦を制したのはチームインパルの平川亮

モータースポーツ レスポンス

静岡県・富士スピードウェイで9日、スーパーフォーミュラ2022年シーズン開幕戦が行われ、3番グリッドからスタートした#20 平川亮(carenex TEAM IMPUL)が優勝した。

2022年シーズンの開幕の舞台は富士スピードウェイ。9日土曜日に第1戦が行われ、10日日曜日に第2戦が行われるという変則スケジュールとなっている。9日の午前中に行われた第1戦の予選では、フルシーズン参戦初年度となる#15 笹原右京(TEAM MUGEN)がポールポジションを獲得。2番手にルーキーの#53 佐藤蓮(TEAM GOH)が並ぶという、若手が速さを見せる結果となった。

決勝レースは41周。スタートでなんとポールポジションの笹原がエンジンストールし、佐藤も出遅れ平川がトップに躍り出た。佐藤は更に順位を落とし、1周目の途中で追突されスピン。フロントローの2人が最後尾に落ちるという波乱の幕開けとなった。

5番手スタートから2位まで上がっていた#4 サッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)が徐々にトップに詰め寄ると、6周目に平川を捉えてトップに浮上。この時点で上位はフェネストラズ、平川、#19 関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)、#37 宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)、#1 野尻智紀(TEAM MUGEN)、#5 牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)というオーダーになっていた。

この中で真っ先に動いたのは5位の野尻。ルールで決められた1回のピットストップが可能となる10周目にピットに飛び込み、タイヤ交換を行った。これで13位まで落ちたが、フレッシュなタイヤを履いてハイペースで走行。徐々に上位との差を詰めていった。

14周目、平川はトップのフェネストラズに襲いかかり逆転に成功。そのまま平川は2位以降を引き離して独走体制に持ち込んでいった。

19周目に4位宮田がピットイン、20周目に3位関口がピットイン、21周目に2位フェネストラズがピットインしたが、いずれも野尻の後塵を拝す結果に。平川は25周目にピットインを行い、コースに戻ると野尻が真横に並び、1コーナーまでには完全に抜かれて2位に転落した。

しかし15周以上使った野尻のタイヤに対し、平川が履くのはフレッシュタイヤ。2秒以上離れた差は一気に縮まり、30周目に逆転を決め再び平川がトップに浮上。その後は後続との差を広げながら快走し、2020年の開幕戦以来、2年ぶりの優勝を飾った。

ディフェンディングチャンピオンの野尻は惜しくも2位。序盤いいレースを見せたフェネストラズが3位となった。フロントローからスタートするも1周目にほぼ最後尾まで落ちたルーキー佐藤は挽回して9位入賞。同じくルーキーの#55 三宅淳詞(TEAM GOH)も初レースで10位入賞を果たした。

連戦となる第2戦は富士スピードウェイで4月10の午前中に予選が、午後に決勝が行われる。

■スーパーフォーミュラ 第1戦決勝レース結果

1. #20 平川亮(carenex TEAM IMPUL)

2. #1 野尻智紀(TEAM MUGEN)

3. #4 サッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)

4. #19 関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)

5. #37 宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)

6. #5 牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

7. #65 大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)

8. #38 坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING)

9. #53 佐藤蓮(TEAM GOH)

10. #55 三宅淳詞(TEAM GOH)

11. #3 山下健太(KONDO RACING)

12. #39 阪口晴南(P.MU/CERUMO・INGING)

13. #18 国本雄資(KCMG)

14. #64 山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)

15. #14 大嶋和也(docomo business ROOKIE)

16. #6 大津弘樹(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

17. #36 ジュリアーノ・アレジ(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)

18. #7 小林可夢偉(KCMG)

19. #15 笹原右京(TEAM MUGEN)

18. #50 松下信治(B-Max Racing Team)

以上完走

--. #12 福住仁嶺(ThreeBond Drago CORSE)

  • 藤木充啓
  • 開幕戦を制した#20 平川亮(carenex TEAM IMPUL)《(c) JRP》
  • 開幕戦表彰式《(c) JRP》
  • 開幕戦スタートシーン《(c) JRP》
  • 富士山をバックに走行するスーパーフォーミュラマシン《(c) JRP》
  • 開幕戦2位の#1 野尻智紀(TEAM MUGEN)《(c) JRP》
  • 開幕戦3位の#4 サッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)《(c) JRP》
  • 開幕戦4位の#19 関口雄飛(carenex TEAM IMPUL)《(c) JRP》
  • 開幕戦5位の#37 宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)《(c) JRP》
  • 予選で見事ポールポジションを獲得した#15 笹原右京(TEAM MUGEN)《(c) JRP》
  • 予選2位のルーキー#53 佐藤蓮(TEAM GOH)《(c) JRP》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ