スーパー耐久レーサー『マツダスピリットレーシング・ロードスター』初公開へ…オートモビルカウンシル2022

モータースポーツ レスポンス

マツダは、4月15日から17日の3日間、幕張メッセで開催される「オートモビルカウンシル 2022」に出展し、マツダのモータースポーツへの挑戦を象徴する3台を展示する。

オートモビルカウンシルは、「CLASSIC MEETS MODERN」をテーマに2016年、初開催。日本車メーカー・輸入車インポーターとヘリテージカー販売店などが出展し、往年の名車と最新モデルが一堂に展示される、それまで日本になかったスタイルのイベントだ。

マツダブースのテーマは、『MAZDA SPIRIT RACING〜「共に挑む」〜』。マツダのこれまでのモータースポーツへの挑戦の歴史を、世界初の2ロータ―ロータリーエンジン搭載量産車をベースとし、1968年に耐久レース挑戦した『コスモスポーツ マラソン デ・ラ・ルート仕様』、1969年に全日本鈴鹿自動車レース大会シリーズIIに挑戦した『ファミリア ロータリークーペ レース仕様』の2台とともに紹介する。

また、マツダがサポートする参加型モータースポーツ出身のドライバーにステップアップの機会を提供するためのスーパー耐久シリーズ用車両『マツダスピリットレーシング・ロードスター』を初公開する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • コスモスポーツ1968年マラソン・ド・ラ・ルート84時間レース仕様《画像提供 マツダ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ