ホンダ CB1000R、ブラックで統一した特別仕様車発売へ

モーターサイクル レスポンス

ホンダは、大型ロードスポーツバイク『CB1000R』に黒のカラーリングで統一した「ブラックエディション」を設定し、6月9日より販売を開始する。

CB1000Rは、軽量かつコンパクトな車体に高性能な水冷4ストロークDOHC直列4気筒998ccエンジンを搭載した大型ロードスポーツモデル。スロットルバイワイヤシステムやクイックシフターなどの電子制御技術を採用する。また、ホンダ スマートフォンボイスコントロールシステム(HSVCS)を搭載。車両とスマートフォンをBluetoothで連携することにより、ハンドルスイッチや音声入力で音楽再生や通話などの操作を可能としている。

CB1000R ブラックエディションは、車体色に精悍なグラファイトブラックを採用。燃料タンクをはじめ、ラジエーターシュラウド、シートレール、スイングアーム、マフラー、エキゾーストパイプなど、全体のカラーリングをブラックで統一。さらに、ホイールナットなど細部のパーツもブラックとすることで上質感、存在感を演出している。

価格は171万6000円。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ