ロイヤルエンフィールド120周年、650ツインシリーズに漆黒の限定モデル登場

モーターサイクル レスポンス

ロイヤルエンフィールドは、『INT 650』および『コンチネンタルGT650』に創業120周年を記念したアニバーサリーエディションを設定し、5月中旬頃より24台限定で日本で販売開始する。

120周年アニバーサリーエディションは2021年11月のミラノショーで初公開。世界480台限定で生産し、アジア太平洋地域で120台、日本ではINT650を7台、コンチネンタルGT650を17台、計24台の限定で発売する。

アニバーサリーエディションは、120周年にわたるブランドの豊かな歴史を記念して構想されたもので、英国とインドの合同チームがデザイン・製造した。ブラッククロームのタンクをはじめ、エンジン、サイレンサー、フライスクリーン、エンジンガード、ヒールガード、バーエンドミラーなどをすべてブラックで統一。ハンドメイドの真鍮製タンクバッジは、インド・クンバコナム寺院の職人と共同で製作したものだ。

タンクトップには、特別モデルの1台であることを示すシリアルナンバーを刻印。サイドパネルにはロイヤルエンフィールド120年を記念した特別なデカールも施している。

価格はINT650が108万1300円、コンチネンタルGT650が112万8600円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ロイヤルエンフィールド・INT650(手前)/コンチネンタルGT650(奥)120周年アニバーサリーエディション《写真提供 Eicher Motors Limited》
  • ロイヤルエンフィールド120年を記念した特別なデカール《写真提供 Eicher Motors Limited》
  • ハンドメイドの真鍮製タンクバッジ《写真提供 Eicher Motors Limited》
  • ロイヤルエンフィールド・コンチネンタルGT650 120周年アニバーサリーエディション《写真提供 Eicher Motors Limited》
  • ロイヤルエンフィールド・INT650 120周年アニバーサリーエディション《写真提供 Eicher Motors Limited》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ