ホンダ ホーク11、9月29日発売決定…価格は139万7000円

モーターサイクル レスポンス

ホンダは、新型ロードスポーツモデル『ホーク11』を9月29日より発売すると発表した。価格は139万7000円。

ホーク11は、経験豊かなベテランライダーを中心としたユーザーに新たな価値観と充実したバイクライフを提案する日本市場向けの大型モデル。東京・大阪・名古屋でのモーターサイクルショーで先行展示され注目を集めた。

パワーユニットは動弁系にユニカム形式を採用した、水冷4サイクルOHC直列2気筒1082ccエンジンを搭載。低速から豊かで幅広く使えるトルクと高回転までスムーズに回る特性とするとともに、スポーティな走りに寄与する6速ミッションを採用した。

また、ライディングをサポートする先進の電子制御技術を多数搭載。ダイレクトなスロットルレスポンスに寄与する「スロットルバイワイヤシステム(TBW)」や、走行状況や好みに合わせてあらかじめ設定された出力特性を選択できる「ライディングモード」、前輪の浮き上がりと後輪スリップを緩和する「ホンダ セレクタブル トルク コントロール(HSTC)」などを装備する。

車体はセミダブルクレードルフレームに前後17インチホイールを組み合わせ、軽快なハンドリングに寄与する25度のキャスター角を設定。サイレンサーを上向きに配置しバンク角を確保しながら、セパレートハンドルによる前傾姿勢のライディングポジションとすることで、ワインディング走行を楽しめるディメンションとした。足回りはフロントフォークに倒立式のショーワ製SFF-BP(セパレート・ファンクション・フロントフォーク・ビッグピストン)を、リアクッションにシングルチューブ分離加圧式を採用し、優れた路面追従性による上質な乗り心地に寄与。安心感のあるブレーキ操作を可能とするABSも標準装備する。

外観で目を引くのは「大人のバイク」であることを象徴する一体成型FRP製ロケットカウル。上質でモダンな佇まいの中に、軽快な走りを予感させる低く構えたスタイリングデザインとした。カラーバリエーションは、陰影の深いブルーを基調にロケットカウルを縁取るシルバーのアクセントを施した「パールホークスアイブルー」と、硬質感のあるブラックを基調にロケットカウルをシルバーに塗り分け精悍な印象とした「グラファイトブラック」の計2色を設定する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ホンダ・ホーク11(パールホークスアイブルー)《写真提供 本田技研工業》
  • ホンダ・ホーク11(グラファイトブラック)《写真提供 本田技研工業》
  • ホンダ・ホーク11(東京モーターサイクルショー2022)《写真撮影 高木啓》
  • ホンダ・ホーク11(東京モーターサイクルショー2022)《写真撮影 高木啓》
  • ホンダ・ホーク11(東京モーターサイクルショー2022)《写真撮影 高木啓》
  • ホンダ・ホーク11(東京モーターサイクルショー2022)《写真撮影 高木啓》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ