マツダ CX-60 の新型周辺監視レーダー、古河AS製を採用

新車 レスポンス

古河電工グループの古河ASは4月12日、先進運転支援システム(ADAS)の周辺監視レーダ「MMR2」がマツダの新型クロスオーバーSUV『CX-60』に採用されたと発表した。

新開発の24GHz(ISM帯)周辺監視レーダ「MMR2」は、NCAPや新たなアプリケーションへの適合性を高めるため、従来品よりも検知範囲を広げ、速度検知精度や空間認識性能を向上した。車両の4隅への配置を想定しており、出会い頭や交差点の右左折時、車線変更時、停車時、一般走行時など、広い範囲の検知アプリケーションに適用可能。

製品体積と重量はそれぞれ先代と比べて約30%削減し、バンパ裏面に直接取り付けることが可能。24GHz周辺監視レーダはバンパ透過時の伝搬損失が少なく、車両デザインや材質への配慮が最小限で済む。汚れや雪の付着、降雨の影響も受けにくい。

  • レスポンス編集部
  • 周辺監視レーダ「MMR2」《画像提供 古河電工》
  • バンパ裏面への取り付けイメージ《画像提供 古河電工》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ