若者にも拡大、自動車版「民泊」キャンピングカーシェア…ビークルスタイル

新車 レスポンス

愛知県国際展示場で行われている「ビークルスタイル」で一際賑わっているブースの1つが、キャンピングカーシェア・カーステイ。以前から右肩上がりではあったものの、コロナ禍も影響して、大きな反響があると言い、多くの人が足を運んでいる。

キャンピングカーは、コロナ禍の三密を避ける移動手段、個人スペースの確保に役立つ。最近ではワーケーションへの利用なども増え、コスト面や子供の成長、駐車場の問題などから、購入には至らないものの、需要は増加しているという。

会場では、実際に貸し出しているさまざまなサイズや装備のキャンピングカーを展示。貸し出す側や車中泊スポットの登録も募った。

同社では、直近に迫ったゴールデンウイークの利用見込みは、昨年の2倍以上という。以前は、退職世代などを中心に中高年の利用が多かったが、最近は20代のカップルなど、若い層も目立つようになったそうだ。

装備面では、これから暑くなる季節ということもあり、ポータブル冷蔵庫や冷房、網戸、ポップアップルーフなどが人気。容量の大きなバッテリーを積み、充実装備のものが好まれる傾向にあるとのことだ。

  • 家本浩太
  • 会場に展示されたキャンピングカーシェアのクルマ《写真撮影 家本浩太》
  • 会場に展示されたキャンピングカーシェアのクルマ《写真撮影 家本浩太》
  • 会場に展示されたキャンピングカーシェアのクルマ《写真撮影 家本浩太》
  • 会場に展示されたキャンピングカーシェアのクルマ《写真撮影 家本浩太》
  • 会場に展示されたキャンピングカーシェアのクルマ《写真撮影 家本浩太》
  • 会場に展示されたキャンピングカーシェアのクルマ《写真撮影 家本浩太》
  • 会場に展示されたキャンピングカーシェアのクルマ《写真撮影 家本浩太》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ