電気バス改良・開発…EVベンチャー企業に西鉄と第一交通産業が資本参加

エコカー レスポンス

電気自動車(EV)のベンチャーであるEVモーターズ・ジャパンは4月12日、第三者割当増資で西日本鉄道、第一交通産業などから合計3億円を資金調達したと発表した。

西鉄とは今後、バス整備事業での知見や支援で協力を見込んでおり、 EVやリユースバッテリー、フレキシブルソーラーパネルなどを活用したエネルギー領域におけるEVモビリティに関する新規事業の創出に向けて連携していく。

第一交通産業は、既に小型コミュニティEVバスを購入したが、更に多数多種のバス購入を検討している。今後、小型トラックをベースとしたEV乗合バスを共同開発し、全国ネットワークを活かした販売を協議している。

EVモーターズでは昨年9月の前回の資金調達以降、 デモ車や試作車の製作、人員増による体制強化を進めてきた。近く商用EV量産体制の準備に入るバス・トラック・トライク(三輪車)の商用ユーザーのEVニーズに対応して、2022年度からさまざまな車種ラインナップを展開するため、商品開発に投資する。

  • レスポンス編集部
  • フレキシブルソーラーパネル(バス天井装着例)《画像提供 EVモーターズ・ジャパン》
  • リユースバッテリー・トライク《画像提供 EVモーターズ・ジャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ