まもなくバギーパークがオープン、ホワイトハウスが車両や設備を出品…ビークルスタイル

新車 レスポンス

ホワイトハウスは4月29日に、三重県多気町の商業リゾート施設「VISON(ヴィソン)」に「ホワイトハウスヴィレッジ・バギーパーク」をオープンする。これを前に、4月17日まで愛知県国際展示場で行われている「ビークルスタイル」で、車両やドームハウスを公開した。

バギーパークは、アフターコロナ時代に注目されるアドベンチャーツーリズムの施設。大自然の中をワイルドなバギーで走る非日常的なアクティビティとして期待される。

公開された車両は、同社が販売しているアメリカ製の「ポラリス」で、前後ではなく、横並びで2人乗車できるのが特徴。レジャー用だけでなく、最近は災害救助用にも活用されていることで知られている。バギーパークには15台が導入される予定。

ドームハウスは、高密度ポリエチレンでできた直径3.4mほどのもの。室内は四畳半くらいの広さがあり、オプションでエアコンや換気扇を付けたり、窓や入口を大きなものにすることもできる。バギーパークでは、待合室などとして活用する。

その形状から風や地震に強く、中高構造で断熱や遮音、保温性も高い。パネル式でハイエースクラスのワンボックスカーで運搬可能で、ベーシックなタイプであれば、大人2人で90分ほどで設営できるという。元々はグランピングや緊急避難用に開発し2019年11月に販売を開始したが、間も無く新型コロナウイルスが中高したことから、発熱外来やPCR検査場など、医療現場にも多く利用されている。

同社では、バギーパークについて「施設の拡大や違ったタイプのバギーの導入、輸入バイクやキャンピングカーのレンタルなども計画している」と話していた。

  • 家本浩太
  • バギーパークでエキシビション用に使われる予定の車両《写真撮影 家本浩太》
  • 待合室に利用予定のドームハウス《写真撮影 家本浩太》
  • ドームハウスはドアを閉じると人の顔のようなかわいい姿に《写真撮影 家本浩太》
  • ドームハウスの室内《写真撮影 家本浩太》
  • ドームハウスの天井《写真撮影 家本浩太》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ