【プジョー 308 新型】あえてハッチバックとステーションワゴンを導入…日本法人社長

新車 レスポンス

ステランティスジャパンは新型プジョー『308』を発表した。SUV伸長の中、あえてハッチバックとステーションワゴンの投入だ。

◆チョイスと個性

「新しいプジョー308は日本の人々にどのような新しい価値をもたらすか。それは“チョイス”と“個性”だ」と話すのは、ステランティスジャパン代表取締役社長兼CEOのポンタス・ヘグストロム氏だ。「近年パーソナルモビリティへの評価が高まり、クルマに関して積極的に選択する人々が増えている。より多くの人が自分のライフスタイルに合ったものや、自らを際立たせるもの、つまり特別な選択肢を求めるようになった。この個性を求める動きが、昨今のステランティスの成長の一因ともなっている」と同社のラインナップと市場の動向がリンクしていることを語る。

そしてもうひとつのトレンドは、「SUVの成長だ」。その潮流の中、308ハッチバックとステーションワゴンのSWがデビューする。ポンタス氏はハッチバック市場について、「特に輸入Cセグメントはいまも明確にシェアがある市場だ。つまりSUVを誰もが求めているわけではなく、ハッチバックやワゴンは多用途に使え、かつ重心が低く爽快なドライブフィールが味わえる」とそのメリットを説明。

さらに、「このセグメントが、日本市場で1/3を占めているのは、狭くタイトな道が多い日本の道路事情の中で、使いやすいことが理由だろう。だからこそ、新型308を日本で発表することが楽しみだ」と述べる。その上でポンタス氏は、「このクルマはセグメントの常識を塗り替える。美しいデザインは、滑らかで張りのある面とシャープラインの融合で成り立っている。さらに最新のテクノロジーも搭載しているので、新型プジョー308は、真にモダンなスタイルや個性を求めている人、そんな人たちのためのクルマだ」とコメント。

またこの308は、「日本でも人気の高かった『306』をはじめ美しいフランス車という誇らしい系譜の上にあり、フランス車の誇りを受け継いでいる。それは全体のデザインだけでなく、洗練されたディテール、先進技術、そしてカラーパレットにまで至るものだ。新型308はセグメントに新風を吹き込み、2つのボディスタイルと3つのドライブトレインでこれまでの常識を塗り替える」とこの導入に期待をにじませた。

  • 内田俊一
  • プジョー 308《写真撮影  内田俊一》
  • プジョー 308《写真撮影  内田俊一》
  • プジョー 308《写真撮影  内田俊一》
  • プジョー 308《写真撮影  内田俊一》
  • プジョー 308《写真撮影  内田俊一》
  • プジョー 308《写真撮影  内田俊一》
  • プジョー 308《写真撮影  内田俊一》
  • プジョー 306(オートモビルカウンシル2022)《写真撮影  内田千鶴子》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ