高性能永久磁石の性能測定、方法を標準化…EVのモーターなど

社会 レスポンス

経済産業省は4月20日、保磁力の高い永久磁石の性能を知るための磁気特性測定方法について、日本産業規格(JIS)を制定したと発表した。電気自動車(EV)や風力発電装置などに組み込まれるモーターや発電機に使用されている磁石を想定している。

今回制定したJISは、世界に先駆けて、超電導磁石を用いる方式による高性能永久磁石の磁気特性を正確に測定する方法についての規格。

JIS制定の結果、高性能永久磁石の性能向上を促進し、EVなどの環境配慮機器の発展につながることが期待されるとしている。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ