ミニキャブバンなど、三菱 軽3車種を一部改良…燃費向上やグレード再編など

新車 レスポンス

三菱自動車は、軽商用車『ミニキャブバン』『ミニキャブトラック』のエンジンを改良して燃費性能を向上させたほか、軽乗用車『タウンボックス』を一部改良し、4月21日から販売を開始した。

ミニキャブバンは、可変バルブタイミング機構を排気側にも採用するなどエンジンを改良したほか、4AT車はアイドリングストップ機能「オートストップ&ゴー」を採用することで、燃費性能を約10%向上させた。上級グレードはターボエンジン搭載の「ブラボーターボ」を廃止して自然吸気エンジン搭載の「ブラボー」を新たに設定。ディスチャージヘッドライトの採用や新色「クールカーキパールメタリック」を設定している。

ミニキャブトラックも可変バルブタイミング機構を排気側にも採用するなどエンジンを改良したほか、AT車は3速から4速に変更し、アイドリングストップ機能「オートストップ&ゴー」を採用することで、燃費性能を約10%向上させた。また、トリイのロープフックを2か所から4か所に増やし、作業性を向上させた。

タウンボックスは上級グレード「Gスペシャル」のステアリングホイールをウレタンから本革巻きに変更したほか、新色「クールカーキパールメタリック」を設定している。

価格はミニキャブバンが103万5100円から158万5100円、ミニキャブトラックが92万5100円から139万5900円、タウンボックスが177万8700円から199万5400円。

なお、3モデルはスズキ『エブリイ』シリーズをベースとしたOEMモデルとなる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 三菱 ミニキャブトラック《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 タウンボックス《写真提供 三菱自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ