ヒョンデ、5月2日よりオンライン販売開始…アイオニック5は479万円より、ネッソは776万8300円

新車 レスポンス

ヒョンデモビリティジャパンは、『アイオニック5』および『ネッソ』のオンライン販売を5月2日正午より公式サイトにて開始すると発表した。納車は7月より順次開始する予定だ。

アイオニック5はヒョンデの新たなEVブランド「IONIQ」シリーズの第1弾。唯一無二のエクステリアに加え、先進性と快適性を兼ね備えたインテリアが特徴。また、V2L機能により屋外でも電化製品に直接給電できる。4グレード展開で価格は479万円から589万円。

ネッソは独自の技術で開発した「FCEV専用システム」を搭載し、水素と大気中の酸素で電気を生成し、モーターで走行。1回/約5分の充填で最長820kmの航続距離を実現している。1グレードのみで価格は776万8300円。

ヒョンデは今回、ワンプライス販売によるわかりやすい購入環境を提供する。申込金は現金・クレジットカード・QRコード決済(LINE Pay、PayPay)と幅広い支払い方法を用意。購入代金の支払いは、現金・クレジットカード・ローンから選択できる。また、購入以外の選択肢として、DeNA SOMPO Carlifeと協業しカーリース商品「SOMPOで乗ーる」の提供も予定している。ヒョンデカスタマーセンターでは、購入検討から納車までの相談を、電話窓口、公式LINE、公式サイトやモバイルアプリなどで多角的にサポートする。

また、引き続き、カーシェア「Anyca(エニカ)」を通じた試乗体験を提供するほか、試乗や納車を行う施設を東京、名古屋、福岡に今夏開設する計画だ。また、直営拠点「ヒョンデカスタマーエクスペリエンスセンター横浜(CXC横浜)」では、購入相談、車両展示、急速充電、試乗体験や納車を7月下旬から開始する。同施設は誰でも自由にブランド体験できるよう一般開放。9月には最新設備を備えた水素/電気自動車専用のヒョンデ整備工場も稼働を開始する。

購入後のサポート体制は、CXC横浜をハブ拠点として、全国各地の協力整備工場と連携し、アフターサービスを提供。さらに、走行中の急な不具合やバッテリー切れに対応する「ロードサイドアシスタンス(RSA)」や「モバイルサービス(出張整備)」も用意する。RSAは車両のトラブルが発生した場合、ヒョンデカスタマーセンターが24時間365日対応。「修理完了後の搬送サービス」や、最寄りの充電ステーションまで無料搬送する「電欠レスキュー」、レンタカーやタクシーを含む「帰宅支援・宿泊サービス」を提供する。モバイルサービスでは、指定の場所、日時に専門テクニシャンが訪問し、軽度な整備を実施。2022年はCXC横浜から半径50km圏内のみの対応となるが、今後、順次対応エリアを拡大していく予定だ。

さらにコネクテッドカーサービス「ブルーリンク」を車両購入後5年間無料で提供する。ブルーリンクではスマートフォンで車内空調の遠隔操作、ドアの施錠/解錠、充電スケジュールの設定ができるほか、緊急事にSOSボタンを押すとヒョンデカスタマーセンターに繋がり事故対応をサポート。このほか、車両状態の診断、OTA(Over-The-Air)アップデートサービスの提供、リアルタイムの交通情報を反映したルートの案内、充電スポットの位置や満空情報の提供、スマートフォンで車両の充電状態(SOC)の確認などができる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ヒョンデ アイオニック5《写真提供 Hyundai Mobility Japan》
  • ヒョンデ ネッソ《写真提供 Hyundai Mobility Japan》
  • ヒョンデ アイオニック5《写真提供 Hyundai Mobility Japan》
  • ヒョンデ・ネッソ《写真提供 Hyundai Mobility Japan》
  • ヒョンデが提供するオンライン販売《画像提供 Hyundai Mobility Japan》
  • ヒョンデ ブルーリンク《画像提供 Hyundai Mobility Japan》
  • ヒョンデ ブルーリンク《画像提供 Hyundai Mobility Japan》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ