国内初、冷凍・冷蔵倉庫対応の自動運転フォークリフト発売…トヨタL&F

新車 レスポンス

豊田自動織機 トヨタL&Fカンパニーは、冷凍・冷蔵倉庫(−25〜+10度)に対応した国内初の自動運転フォーリフト「Rinova AGF 冷凍冷蔵仕様」を4月22日より発売した。

近年、労働力不足やeコマース市場拡大に伴う荷量の増加などを背景に、物流業界ではより効率的なオペレーションが求められており、自動化ニーズが高まっている。同社ではこうした顧客の課題に応えるため、自動運転フォークリフトやAGV(無人搬送車)をはじめ、物流機器の製品ラインアップを拡充してきた。

今回発売するRinova AGF 冷凍冷蔵仕様は、作業の効率化だけでなく、冷凍倉庫内という過酷な環境下での作業者の負担軽減を目的に開発。冷凍・冷蔵ゾーン間の移動では、急激な温度変化により発生する結露や靄(もや)が機台や走行に影響を与えることから、自動運転フォークリフトの活用は困難とされていたが、結露防止のため機台にヒーターを内蔵する等の対策により、製品化を実現した。

同社はニチレイロジグループ本社とRinova AGF 冷凍冷蔵仕様の冷凍・冷蔵倉庫における実証試験を2020年10月から1年間実施。機台の耐久性、同一機台での冷凍・冷蔵ゾーン間の移動、さらには有人フォークリフトとの共存に関して検証し、有効性を確認している。

Rinova AGF 冷凍冷蔵仕様は定格重量1.0t〜3.0tまで6種類をラインアップ。価格はオープン。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ