三浦半島で超小型EVレンタカー…持続可能な観光めざす

業界 レスポンス

京浜急行電鉄は4月22日、事務局を務める三浦半島のエリアマネジメント組織「COCOONファミリー」が4月25日からトヨタ車体の1人乗り超小型電気自動車「コムス」を使用した観光レンタカー事業「ミューモ」の提供を開始すると発表した。

地域事業者同士が連携して地域課題の解決とエリア価値の向上を目指す「COCOONファミリー」に加盟する京急電鉄、三浦観光バス、丸石自動車、山田酒店、湘南菱油が連携する。三浦海岸駅、三崎口駅、三崎港、横須賀中央の4カ所のポート(貸出場所)に計10台のコムスを配備してレンタカーとして貸し出す。

今回の取り組みを通じてCO2排出量が少ない「公共交通+2次交通としてのEVレンタカー」による移動環境を整備、地域として環境負荷軽減に取り組む持続可能な観光の実現を目指す。

また、ドライバー同士で運転しながら会話ができるトランシーバーの無料貸し出しや、アイシンの観光ナビ「Smart Buddy」でおすすめルート配信、京急電鉄2100形電車をイメージして京急電鉄社員がデザインした「京急ラッピングEV-2100形」車両も各ポート1台設置し、ミューモで三浦半島での旅を盛り上げる。

  • レスポンス編集部
  • 観光レンタカー、my mo(ミューモ):赤い電車デザイン”の「京急ラッピングEV2100形《画像提供 京浜急行電鉄》
  • 観光レンタカー、my mo(ミューモ):京急電鉄2100形電車をイメージ《画像提供 京浜急行電鉄》
  • 観光レンタカー、my mo(ミューモ):赤い電車デザイン”の「京急ラッピングEV2100形《画像提供 京浜急行電鉄》
  • 観光レンタカー、my mo(ミューモ):京急電鉄2100形電車の車内や車体の銘板をイメージ《画像提供 京浜急行電鉄》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ