自動運転システム開発の効率化を支援、NTTグループが検証基盤ソフトウェアを提供開始

テクノロジー レスポンス

NTTデータ オートモビリジェンス研究所(ARC)は、J-QuADダイナミックS(J-QuAD)およびNTTデータとの自動運転・先進安全支援領域の共同研究成果として、自動運転システム検証基盤ソフトウェア「ZIPCガーデン オートメーション」を4月22日にリリースした。

自動車業界では自動運転領域の技術開発が進んでいるが、車両開発プロセスにて自動運転システムの安全性を確実かつ効率的に保証する手法が依然として大きな課題となっている。NTTデータグループの自動車技術のR&DセンターであるARCは、車両統合制御ソフトウェアの技術開発を行うJ-QuADとの共同研究を推進。自動運転システムのバーチャルシミュレーション環境における、シナリオベース開発プロセスを用いた有効かつ効率的な安全性検証を実現するテクノロジーを確立していき、これをZIPCガーデンシリーズとしてソフトウェアサービス化してリリースしていく。

今回リリースしたZIPCガーデン オートメーションは、運転シーンに関するデータやナレッジを有効かつ効率的に分析することで、自動運転システムのバーチャルシミュレーションで実行すべき重要シナリオを網羅的に自動生成するクラウド型検証基盤ソフトウェアだ。基本機能は年額課金のWebサービスとして提供するとともに、自動車メーカー・サプライヤ各社の開発環境の状況に応じたエンジニアリングサービスをあわせて提供することで、各社にて最適な開発・運用環境構築の支援もできる。その結果、バーチャルシミュレーション主体による自動運転システムの有効な安全性検証が実現し、次世代車両量産を効率化できる。

またARCでは、先行してオープンソース版自動運転システム検証基盤ソフトウェア「ガーデン シナリオ プラットフォーム」を2021年6月にリリース。今後、このオープンソースに実験的な新機能を適宜アップデートし自動車業界に向けて広く無償公開することで、業界各社のニーズを把握し得られた知見をZIPCガーデンのサービス拡充に反映していく。

ZIPCガーデンは今後、サービスラインアップ拡充を予定。第1弾のZIPCガーデン オートメーションに続き、バーチャルシミュレーション実行機能を備える「ZIPCガーデン シミュレーター」を2023年に、さらに量産市販後の車両の稼働状況をモニタリング・学習して車両開発プロセスにフィードバックすることで製品のブラッシュアップにつなげる「ZIPCガーデンDevOps」を2024年にそれぞれリリースする予定だ。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ