テスラのマスクCEO、ツイッター買収で最終合意

業界 レスポンス

Twitter社は4月25日、テスラCEOのイーロン・マスク氏による買収提案を受け入れると発表した。マスク氏はTwitter社の株式を1株あたり54.20ドル、総額およそ440億ドル(約5兆6145億円)で買収することで、最終合意に達している。

Twitter社の取締役会のBretTaylor会長は、「Twitterの株主にとって最善の道だ」とコメント。TwitterのParag Agrawal CEOは、「ツイッターには、全世界に影響を与える力がある。私たちのチームを誇りに思っている」と述べている。

イーロン・マスク氏は、「言論の自由は民主主義の基盤であり、ツイッターは人類の未来にとって、不可欠な問題が議論されるデジタルタウンスクエアだ。新しい機能でツイッターを強化し、アルゴリズムをオープンソースにして信頼を高めるなど、ツイッターをこれまで以上に良いものにしたいと考えている」と話した。

なお、マスク氏による買収は、規制当局の承認を経て、2022年内に完了する予定。買収が完了すると、Twitterは非公開企業になる、としている。

  • 森脇稔
  • ツイッター本社(米サンフランシスコ)《Photo by Justin Sullivan/Getty Images News/ゲッティイメージズ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ