ジープのコンパクトSUV『コンパス』にリーズナブルな限定車

新車 レスポンス

ステランティスジャパンは、ジープのコンパクトSUV『コンパス』に、中間グレードを4WD化した限定車「ロンジチュード4×4」を設定し、5月7日より販売を開始する。150台限定で価格は465万円。

コンパスは「スポーツ」「ロンジチュード」「リミテッド」の3グレードが展開されているが、4WDモデルは最上級グレードのリミテッドのみ。今回発売するコンパス ロンジチュード4×4は、ロンジチュードをベースに、4×4システム「ジープアクティブドライブ」を始めとしたオフロード機能を付与した限定車。4WD化にもかかわらず、価格はリミテッドに対して27万円低く設定している。

ジープアクティブドライブは、タイヤの空転を検知した際、瞬時に4輪の駆動力配分を最適化する電子制御式パワートランスファーにより走破性を大幅に高めている。また路面状況に応じて走行モードを「SAND/MUD」「SNOW」「AUTO」の3つから選択可能。車両がパワートレインの特性を自動で最適化する「セレクテレインシステム」や、急な下り坂を一定の速度で走行できる「ヒルディセントコントロール」を搭載している。

トランスミッションは通常の6速ATから最上級グレード同様、高効率な9速ATを採用。4WDモデルながら、燃費は11.5km/リットル(WLTCモード)と2WDモデル(11.8km/リットル)と遜色ない水準を実現している。

ベース車同様、LED式オートハイビームヘッドライトや17インチアルミホイール、10.1インチタッチパネルモニター付オーディオナビゲーションシステム、プレミアムファブリックシートなどを標準装備。アダプティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)や、駐車支援システム「パークセンス」など運転支援機能も充実している。

ボディカラーは、限定車専用の新色ギャラクシーブルーメタリックC/C(限定100台)と、ブライトホワイトC/C(同50台)の2色を設定する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ジープ コンパス ロンジチュード4×4《写真提供 ステランティスジャパン》
  • ジープ コンパス ロンジチュード4×4《写真提供 ステランティスジャパン》
  • ジープ コンパス ロンジチュード4×4《写真提供 ステランティスジャパン》
  • ジープ コンパス ロンジチュード4×4《写真提供 ステランティスジャパン》
  • ジープ コンパス ロンジチュード4×4《写真提供 ステランティスジャパン》
  • ジープ コンパス ロンジチュード4×4《写真提供 ステランティスジャパン》
  • ジープ コンパス ロンジチュード4×4《写真提供 ステランティスジャパン》
  • セレクテレインシステム《写真提供 ステランティスジャパン》
  • ジープ コンパス ロンジチュード4×4《写真提供 ステランティスジャパン》
  • ジープアクティブドライブ《写真提供 ステランティスジャパン》
  • アダプティブクルーズコントロール《写真提供 ステランティスジャパン》
  • アクティブレーンマネジメント《写真提供 ステランティスジャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ