GMの売上高、10.8%増と回復 2022年第1四半期決算

業界 レスポンス

GM(General Motors)は4月26日、2022年第1四半期(1〜3月)の決算を発表した。

同社の発表によると、第1四半期の売上高は359億7900万ドル(約4兆5890億円)。前年同期の324億7400万ドルに対して、10.8%増とプラスに転じた。

一方、第1四半期の純利益は、29億3900万ドル(約3750億円)。前年同期の30億2200万ドルに対して、2.8%減とマイナスに転じた。

増収となった要因は、世界的な半導体不足の中で、利益率の高いSUVなどの車種への生産シフトを強めたのが大きい。

GM取締役会のメアリー・バーラ会長兼CEOは、「第1四半期の強固な業績を達成する原動力となった従業員、労働組合、ディーラー、サプライヤーに感謝したい」と述べている。

  • 森脇稔
  • キャデラック・エスカレード 新型《photo by Cadillac》
  • シボレー・シルバラード《photo by Chevrolet》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ