現行ポルシェ最強のMT車、 911「スポーツクラシック」…欧州発表

新車 レスポンス

ポルシェは4月28日、新型『911スポーツクラシック』(Porsche 911 Sport Classic)を欧州で発表した。

◆1960〜1970年代のスタイルを再定義し世界限定1250台を生産へ

新型911スポーツクラシックは、ポルシェが4モデルの導入を予定しているヘリテージデザインストラテジーにおける2番目のモデル。世界限定1250台が生産される予定だ。

新型911スポーツクラシックは、ポルシェエクスクルーシブマニュファクチャーによる1960〜1970年代のスタイルを再定義した特別な限定モデルだ。2009年にデビューした「タイプ997」ベースの先代911スポーツクラシックは、1964〜1973年に渡って生産された初代『911』と、1972年に発表された『911カレラRS2.7』にインスパイアされたモデルだった。

4モデルのリリースを予定しているヘリテージデザインモデルからは、1950〜1960年代のデザインエレメントを採用した『911タルガ4Sヘリテージデザインエディション』が、2020年に発売されている。

◆名車『911カレラRS2.7』モチーフのダックテールスポイラー

新型911スポーツクラシックのリアには、「ダックテールスポイラー」が装着される。ダックテールスポイラーは、1972年の名車、911カレラRS2.7に採用されていたものだ。

また、ダブルバブルルーフが新型911スポーツクラシックのハイライトだ。『911ターボ』のようなワイドボディも採用した。2009年にデビューした「タイプ997」世代の初代911スポーツクラシックは、初期のポルシェ『356』に見られたファッショングレーで塗装された。この特別色は、初代スポーツクラシックで初めて採用されたボディカラーだった。新型911スポーツクラシックでは、スポーツグレーの他に、ブラック、アゲートグレー、ゲンチアンブルーメタリックが用意された。パーソナルなカラーでのオーダーも可能。ボンネットからルーフ、リアスポイラーにかけて、スポーツグレーでペイントされた2本のストライプが、新型911スポーツクラシックのキャラクターを、より強調するという。

インテリアでは初期の911の特徴の千鳥格子が、ドアパネルやシート中央部分に配された。また、アニリンレザーを使用したブラックとコニャックのツートンレザーによって、ボディカラーとのコントラストを追求している。

◆3.7リットル水平対向6気筒ツインターボエンジン搭載

3.7リットルの水平対向6気筒ガソリンツインターボエンジンは、最大出力550psを発生する。駆動方式は2WD(RR)。トランスミッションは7速MTだ。ポルシェによると、新型911スポーツクラシックは、現行ポルシェのラインナップにおいて、最も強力なマニュアルトランスミッション搭載の911になるという。

この7速MTは、シフトダウン時にエンジン回転数を調整する自動ブリッピング機能を採用する。標準装備のスポーツエグゾーストシステムは、よりエモーショナルなサウンドのために、専用開発された。サスペンションは911ターボや「GTS」シリーズをベースとして、911スポーツクラシックのハイパフォーマンスに合わせて最適化された。

新型911スポーツクラシックに標準装備の「ポルシェアクティブサスペンションマネージメント(PASM)」は、ショックアブソーバーの硬さを状況に合わせて、調整する。車高を10mm引き下げるスポーツサスペンションも標準装備されている。

  • 森脇稔
  • ポルシェ911 スポーツクラシック 新型《photo by Porsche》
  • ポルシェ911 スポーツクラシック 新型《photo by Porsche》
  • ポルシェ911 スポーツクラシック 新型《photo by Porsche》
  • ポルシェ911 スポーツクラシック 新型《photo by Porsche》
  • ポルシェ911 スポーツクラシック 新型《photo by Porsche》
  • ポルシェ911 スポーツクラシック 新型《photo by Porsche》
  • ポルシェ911 スポーツクラシック 新型《photo by Porsche》
  • ポルシェ911 スポーツクラシック 新型《photo by Porsche》
  • ポルシェ911 スポーツクラシック 新型《photo by Porsche》
  • ポルシェ911カレラRS 2.7(1972年)《photo by Porsche》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ