BMWとメルセデスベンツ、カーシェア合弁をステランティスに売却へ

業界 レスポンス

BMWグループとメルセデスベンツは5月3日、両社が合弁設立したカーシェアリングサービス企業「SHARE NOW」を、ステランティスに売却することで合意した、と発表した。

BMWグループと旧ダイムラーは、折半出資により新たな合弁会社5社を2019年に設立し、この新会社にモビリティサービス事業を集約した。5つの新会社は、ドイツ・ベルリンに設立され、それぞれ「REACH NOW」、「CHARGE NOW」、「FREE NOW」、「PARK NOW」、SHARE NOWと命名された

このうち、カーシェアリングサービス企業がSHARE NOWだ。旧ダイムラーの「car2go」と、BMWグループの「DriveNow」を組み合わせたもので、両社は協力して、SHARE NOWをヨーロッパのマーケットリーダーに発展させ、長期的なカーシェアリングなどの新しいサービスを含めて、継続的に発展させてきた。

SHARE NOWは、世界30か所以上の大都市で合計2万台を超える車両を運用。車両をより便利に利用でき、都市部の車両総数を減らすことを目指す。すでに400万人以上の顧客が、SHARE NOWのカーシェアリングサービスを利用している。

ステランティスは、SHARE NOWを買収することにより、モビリティ子会社の「Free2move」の事業を強化していく。一方、BMWグループとメルセデスベンツは、カーシェアリング子会社を売却することにより、モビリティ合弁事業を再編する。将来的には、成長の可能性が高い2つの中心分野、デジタルマルチモビリティのFREE NOWとEV充電のCHARGE NOWに注力していく。

  • 森脇稔
  • BMWグループのカーシェアリングサービス《photo by BMW》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ