アストンマーティンに新CEO、元フェラーリトップのアメデオ・フェリーサ氏が就任

業界 レスポンス

アストンマーティン(Aston Martin)は5月4日、アメデオ・フェリーサ氏が新CEOに就任した、と発表した。

アメデオ・フェリーサ氏は26年間、フェラーリに勤務し、最後の2年間は、CEOの地位にあった。フェラーリ在籍時代には、フェラーリの技術開発を主導してきた。

アメデオ・フェリーサ氏は、フェラーリを離れた後、アストンマーティンで非常勤取締役を務めるなど、アストンマーティンと縁があった。今回、アストンマーティンの新CEOに就任。同時に、アストンマーティン・ラゴンダ・グローバルホールディングスの常務取締役にも任命された。

なお、トビアス・ムアース現CEOは退任する。トビアス・ムアース氏は、メルセデスAMGのトップから、テクニカルパートナーのアストンマーティンのCEOに起用されていた。

  • 森脇稔
  • アストンマーティン V12ヴァンテージ 新型《photo by Aston Martin》
  • アストンマーティン V12ヴァンテージ 新型《photo by Aston Martin》
  • アストンマーティン DBX707《photo by Aston Martin》
  • アストンマーティン DBX707《photo by Aston Martin》
  • 前CEOのトビアス・ムアース氏《photo by Aston Martin》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ