ゼンリンとMoT、3万台のドラレコ映像で地図情報をメンテナンス…高速道路で試験運用開始[写真4]

  • 高速道路の規制標識を画像認識(左)し、地図上該当箇所(右)と比較し差分を検出《写真提供 Mobility Technologies》
  • 契約台数3万台以上、DRIVE CHART搭載車両が全国の高速道路の約9割を1ヶ月で走行《画像提供 Mobility Technologies》
  • 矢印ペイント《写真提供 Mobility Technologies》
  • LED式の速度制限標識の数値は映像に映らない瞬間があるが、適切な瞬間を選ぶことで読み取りが可能《写真提供 Mobility Technologies》
  • 走行領域・レーン《写真提供 Mobility Technologies》
  • 道路の幅《写真提供 Mobility Technologies》

ゼンリンとモビリティテクノロジーズ(MoT)は、全国の高速道路を対象に、3万台のドライブレコーダー映像を活用した地図情報メンテナンスの試験運用を開始した。

レスポンス
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ