車両位置管理システムに雨雲情報を表示…ドコマップジャパン

テクノロジー レスポンス

ドコマップジャパンは5月9日、車両の位置情報をリアルタイム管理ができるDoCoMAPサービスに「雨雲レーダー」機能を5月から追加したと発表した。

新しい機能は、気象庁が公表している高解像度降水ナウキャストのデータを使用し、日本全国の雨雲の発生状況をリアルタイムに確認できるもの。250メートル四方の単位で5分毎に更新される気象レーダーの観測データを活用することで、精度の高い最新の雨雲情報を提供する。

今回の機能追加によって車両の位置情報と雨雲の発生状況を重ねて表示、リアルタイムに車両と雲の様子を同時に確認できるようになる。これによって水濡れを気にする荷物の配送時や天気に左右される運行などに迅速に対応できる。

また、過去1年間の情報をクラウドで保存するため、いつでも過去に遡っての車両位置と雨雲状況を確認できる。

今回のサービスはDoCoMAPの標準機能として全てのDoCoMAPユーザーに追加料金なしで提供する。

  • レスポンス編集部
  • 雨雲レーダーのオン/オフのイメージ《画像提供 ドコマップジャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ