ドゥカティ、営業利益は19%増 2022年第1四半期決算

モーターサイクル レスポンス

ドゥカティ(Ducati)は5月5日、2022年第1四半期(1〜3月)の決算を発表した。営業利益は19%増加している。

同社の発表によると、第1四半期の売上高は2億3000万ユーロ(約317億円)。前年同期の2億0200万ユーロに対して、13.8%増と2桁増を達成した。また、第1四半期の営業利益は、2500万ユーロ(約35億円)。前年同期の2100万ユーロから、19%増加している。

増収・増益となったのは、好調な新車販売による部分が大きい。2022年第1四半期の世界新車販売台数は1万3450台。前年同期比は5%増と、プラスを維持した。

車種別の2022年第1四半期の世界販売実績では、『ムルティストラーダV4』が2456台を販売して、引き続きベストセラーモデルに。以下、『モンスター』が1868台、『スクランブラー800』が1557台で続いている。

市場別の第1四半期の販売実績では、イタリア本国が前年同期比8%増の2544台と堅調だ。ドイツは9%増の1382台、フランスは29%増の1153台と伸びる。英国も46%増の860台と好調。ブラジルも21%増の241台を売り上げた。また、日本は第1四半期、368台を登録した。前年同期比は6.7%増と、2年連続で前年実績を上回っている。

  • 森脇稔
  • ドゥカティ・ムルティストラーダ V4 新型《photo by Ducati》
  • ドゥカティ・スクランブラー 800《photo by Ducati》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ