石油元売りもカーボンニュートラル…ENEOS、2040年度CO2排出量ネットゼロ

業界 レスポンス

ENEOSホールディングスは5月13日、グループの自社排出分カーボンニュートラル実現に向けた計画を新たに策定したと発表した。

新しい目標では国内事業基盤を維持しながら、グループのスコープ1(温室効果ガスの直接排出)、スコープ2(電気・熱などの間接排出)のCO2排出量を2040年度までにネットゼロを実現し、まず2030年度までに2013年度対比46%排出量削減を目指す。

目標達成に向けてCO2回収・貯留事業やCO2除去(森林吸収など)に取り組む。さらに2050年度に向けて、政府や他企業と歩調を合わせてスコープ3(サプライチェーン全体での排出)の削減に取り組み、カーボンニュートラル実現を目指す。

同社グループは、長期ビジョンで2040年のありたい姿として低炭素・循環型社会への貢献を掲げており、2020年5月には再生可能エネルギーやCO2フリー水素、電気自動車を中心としたモビリティ事業推進で、自社排出分のカーボンニュートラル実現に向けて取り組むことを公表した。

日本政府が掲げるCO2削減目標やカーボンニュートラルの基準に関する国際的な議論など、国内外の情勢変化を踏まえ、今回新しい計画を策定した。

  • レスポンス編集部
  • ENEOSグループのカーボンニュートラル計画《資料提供 ENEOSホールディングス》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ