ケンウッド、2カメラドラレコを発売…ナビの測位記録&映像表示に対応

テクノロジー レスポンス

JVCケンウッドはケンウッドブランドより、前方と後方の同時録画に対応する、ナビ連携型前後撮影対応2カメラドライブレコーダー「DRV-MN970」を7月上旬に発売する。本機は、同社“彩速ナビ”2022年モデルの全シリーズ・全ラインアップと連携可能な専用ドライブレコーダーだ。

ナビ本体の高精度自車位置情報を活用した測位記録をはじめ、ナビ画面のタッチ操作による各種映像表示に対応している。また、運転中にナビ画面で後方を確認できるバーチャルルームミラー&サブリアカメラ機能を搭載した。カメラが従来比で約40%小型化され、より広い視界で映像を録画できる。

JVCケンウッドでは“彩速ナビ”とさまざまな機器がつながる「スマート連携」を展開しており、なかでも万が一の時に、録画映像を高画質で記録できるドライブレコーダーとの連携は高い支持を得ているという。そこで、彩速ナビ2022年モデルの発売に合わせ、彩速ナビの「TYPE M」「TYPE S」「TYPE L」の全シリーズ・全ラインアップとの連携を可能とするドライブレコーダーDRV-MN970を発売することになった。

価格はオープン価格、メーカーによる予想価格は税込4万4000円前後となっている。

  • 高木啓
  • ケンウッドDRV-MN970:フロントカメラ(左上)とリアカメラ《写真提供 JVCケンウッド》
  • ケンウッドDRV-MN970《写真提供 JVCケンウッド》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ