「アレクサ」と話しかけカーオーディオ起動…ケンウッド2022年型

テクノロジー レスポンス

JVCケンウッドはケンウッドブランドより、カーオーディオの2022年ラインアップとして、「Amazon Alexa」の搭載により「アレクサ」と話しかけるだけで起動し、音声操作に対応する4モデルを、6月上旬より順次発売する。

新製品は、CD/USB/iPod/Bluetooth 1DINレシーバー「U382BT」、「U342BT」と、CD/USB/iPod/Bluetooth 2DINレシーバー「DPX-U760BT」、およびデータによる楽曲再生に特化したメカレスモデルのUSB/iPod/Bluetooth 2DINレシーバー「DPX-U760BMS」。

JVCケンウッドのカーオーディオ商品は全モデルにBluetoothを搭載し、スマートフォン内に収録された音楽のワイヤレス再生やハンズフリー通話が可能だ。2020年モデルからAmazon Alexaを搭載し、音声操作にも対応してる。

2022年新ラインアップの4モデルは音声操作が進化、「アレクサ」と話かけるだけでスマートフォン経由の起動に対応した。これにより、起動から、音楽のストリーミング再生、ニュースや天気予報といった情報の確認まで、すべて音声で操作することが可能となった。

オーディオ機能としては、96kHz/24bitまでの音声ファイルフォーマット「FLAC」への対応や、「24bit DAC」の搭載など、高音質化技術を採用した。

ラインアップは、1DINタイプ2モデルと2DINタイプ2モデルで構成される。1DINモデルは、イルミネーションカラーを変更できるU382BT(最大1000色のバリアブルカラー表示に対応)とU342BT(3色から選択可能)の2モデル。3行表示に対応する大型LCDを搭載した2DINモデルには、CD再生に対応するDPX-U760BTと、新たにデータによる音楽再生に特化したメカレスモデルDPX-U760BMSを追加した。

価格はいずれもオープンで、メーカーによる予想価格はU382BT、U342BTが1万7000円前後、DPX-U760BTが2万1000円前後、DPX-U760BMSが1万8000円前後(いずれも消費税込み)。

  • 高木啓
  • ケンウッドDPX-U760BT《写真提供 JVCケンウッド》
  • ケンウッドU382BT《写真提供 JVCケンウッド》
  • ケンウッドU342BT《写真提供 JVCケンウッド》
  • 「アレクサ」と話しかけるだけで起動して音声による各種操作が可能《画像提供 JVCケンウッド》
  • 「アレクサ」と話しかけるだけで起動して音声による各種操作が可能《画像提供 JVCケンウッド》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ