アウディ RS4 と RS5 に「コンペティション」、足回りを強化…欧州設定

新車 レスポンス

アウディ(Audi)は5月17日、『RS4アバント』、『RS5クーペ』、『RS5スポーツバック』の3車種に、欧州で「コンペティションパッケージ」と「コンペティションプラスパッケージ」を設定すると発表した。

標準のRSモデルより車高を10mmダウン。さらに、顧客が手動で車高を10mm下げることができ、最大で20mmローダウンできる。スプリングレートは引き上げられ、3段階に調整可能なダンパー、より剛性の高いスタビライザーを装着。ラップタイムを短縮するのに役立つという。ABSソフトウェアの更新とピレリ「Pゼロ・コルサ」タイヤ、「RSセラミックブレーキシステム」の組み合わせにより、100km/hから制動距離は、最大2m短縮している。

直噴2.9リットルV型6気筒ガソリン「TFSI」ツインターボエンジンは、最大出力450ps、最大トルク61.2kgmを発生する。最大トルクは1900〜5000rpmの幅広い領域で、発生し続ける特性とした。トランスミッションは8速「ティプロトニック」で、ソフトウェアの変更によりシフトチェンジ時間を短縮。駆動方式は4WDの「クワトロ」。0〜100km/h加速3.8〜3.9秒、最高速290km/hの性能を備えている。

  • 森脇稔
  • アウディ RS5 クーペ の「コンペティション・プラス・パッケージ」《photo by Audi》
  • アウディ RS5 スポーツバック の「コンペティション・プラス・パッケージ」《photo by Audi》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ