メルセデスAMGの高性能EVに「F1仕様」

新車 レスポンス

メルセデスAMGは5月17日、メルセデスAMG『GT 63 S Eパフォーマンス』(Mercedes-AMG GT 63 S E PERFORMANCE)に、欧州で「F1エディション」を設定すると発表した。ブランド誕生55周年記念モデルになる。

メルセデスAMGの新たな電動化技術、「Eパフォーマンス」を搭載する最初の高性能プラグインハイブリッド車(PHV)が、メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンスだ。F1エディションでは、ボディカラーを「MANUFAKTUR」の非メタリックのアルパイングレーで塗装した。AMGのロゴは、グレーから黒へのカラーグラデーション仕上げが施され、赤いアクセントが配される。21インチのAMG鍛造ホイールは、5ツインスポークデザイン。ブラックマット仕上げと赤いアクセントは、メルセデスAMGのF1公式メディカルカーのホイールカラーと同様だ。

風洞実験を経て開発された「AMGエアロダイナミクスパッケージ」を装着する。リアウイングは固定式に変更され、リアバンパーにはディフューザーを組み込む。大型化されたフロントスプリッターなど、フロントバンパーのデザインも変更されている。

  • 森脇稔
  • メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンス の「F1エディション」《photo by Mercedes-Benz》
  • メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンス の「F1エディション」《photo by Mercedes-Benz》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ