タイヤパンク応急修理キット「IMS」、一般ユーザー向け販売を開始…住友ゴム

業界 レスポンス

住友ゴム工業は、新車への純正搭載向けに展開していたタイヤパンク応急修理キット「IMS(Instant Mobility System)」を、5月18日から一般ユーザー向けにダンロップタイヤ取扱店舗などで順次販売する。

タイヤパンク応急修理キットは、タイヤに釘やネジが刺さった軽度のパンクを応急修理して、最寄りの車両販売店や整備工場までの移動を可能にする。スペアタイヤを積む必要がなくコンパクトかつ軽量なため、トランクルームを広く使え、燃費向上にも寄与。2000年頃からスペアタイヤに代わる応急装備品として広く普及している。

同社が開発したIMSは、環境に優しい天然ゴムラテックスからなる修理剤とコンプレッサーで構成。修理剤を注入後、コンプレッサーで空気を充填し、車を走らせることによって修理剤が圧縮と熱によって固まり、パンク穴をふさぐ。同社のIMSは1999年以来、新車搭載/交換用として累計7500万セットを出荷。グローバルに展開している。

サイズはSUV・大型車両用と中小型車両・軽自動車用の大小2サイズで、価格はオープン。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • パンク修理のメカニズム《イラスト提供 住友ゴム工業》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ