温泉郷を自動運転バスが周遊…那須塩原で実証運行

テクノロジー レスポンス

日本工営は5月21日から、栃木県・塩原温泉郷で自動運転バスを運行、観光客が温泉郷を周遊できる新たな交通手段について検討する。

日本工営は5月19日、栃木県から「無人自動運転移動サービス実証検討調査業務委託」を受注し、アークノハラと連携して自動運転バスを活用した実証実験を栃木県那須塩原市・塩原温泉郷で実施すると発表した。実証実験は、2025年度に自動運転システムを導入した路線バスの本格運行を目指して、県内複数の地域で自動運転バスを実証運行する。

5月21日からの実証では、グリーンスローモビリティ(低速で走る電気バス)と自動運転を活用し、観光客が塩原温泉郷を周遊できる新たな交通手段の導入可能性について検討する。環境配慮型グリーンスローモビリティの「eCOM-10」に、群馬大学次世代モビリティ社会実装研究センターが開発した自動運転システムを搭載した自動運転バスを1日8回往復運行する。運行予定は6月5日まで、火・水曜日は運休。

日本工営は実証実験で、これまでの自動運転移動サービス実証実験運営の実績を生かし、塩原温泉郷を周遊する自動運転バスの運行と準備、効果検証を担当する。アークノハラは、自動運転バスが近づくと点灯・表示する「ICT LED電光掲示板」を提供する。走行ルートにICT LED電光掲示板を設置し、見通しの悪いカーブの安全対策、観光施設「湯っ歩の里」における自動運転バスの接近状況の案内に活用する。

  • レスポンス編集部
  • 走行ルート:塩原支所〜塩原温泉バスターミナル〜湯っ歩の里(片道約1.8km)《画像提供 日本工営》
  • ICT 電光掲示板のイメージ:カーブ手前において、自動運転バスが近づくことを一般車両に知らせる。《画像提供 日本工営》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ