【三菱 eKクロスEV】航続は日常使いに十分な180km、実質購入金額は184.8万円から

新車 レスポンス

三菱自動車は、軽自動車タイプの電気自動車(EV)『eKクロス EV』を新たに設定し、今夏から販売を開始する。価格は239万8000円から293万2600円。

eKクロス EVはクリーンエネルギー自動車・インフラ導入促進補助金およびクリーンエネルギー自動車導入促進補助金の対象で、55万円の補助金を受けた場合の実質的な購入額は184万8000円からとなる。さらに地域によっては自治体からの補助金を活用でき、より購入しやすい価格となる。

グレードは、7インチカラー液晶メーターやイノベーティブペダル オペレーションモードを備えた充実装備の「G」と、それらに加えてSOSコールや9インチスマートフォン連携ナビゲーションなどを標準装備した上級仕様の「P」を用意した。

◆日常に十分な航続距離180km、EVならではの優れた走行性能

eKクロス EVは、新開発した総電力量20kWhの駆動用バッテリーを搭載し、通勤、買物や送迎といった日常使いに十分な一充電走行距離180km(WLTCモード)を実現した。充電ポートは普通充電(AC200V/14.5A)と急速充電の2つを装備。普通充電は約8時間で満充電、急速充電では約40分で80%の充電が完了する。また、駆動用バッテリーにはエアコン冷媒を用いた冷却システムを採用。電池の温度上昇を制御することで、高速走行と急速充電を繰り返したとしても、高い充電量を維持できる。

最高出力は47kW、最大トルクはガソリンターボモデルの約2倍となる195N・mを発揮する。モーターの制振性能も向上させ、EVの魅力である滑らかで力強い走りを実現。街中ではキビキビと思い通りに走り、高速道路では余裕をもってスムーズに合流できる。

ドライブモードは市街地走行に最適な「ノーマル」、モーター出力を抑えて電費を向上させる「エコ」、アクセルレスポンスがよくキビキビ走れる「スポーツ」の3種類を設定。運転状況に応じて任意で選択できる。

また、アクセルペダルの操作で加減速をコントロールできるイノベーティブペダル オペレーションモードを採用。減速時にアクセルペダルからブレーキペダルに踏み替えることなく適切な制動力が得られるため、操作のわずらわしさや疲労を軽減する。

薄型化した駆動用バッテリーは、床下の最適な位置にレイアウト。ルーフパネルの板厚を薄くすることで低重心化を図り、コーナリング時のロールを抑えた。また、前後重量配分を理想に近い56:44としたことで四輪接地荷重のバランスを最適化。サスペンションを専用チューニングとすることで、軽快感と安定感を両立した気持ちのよい操縦性、落ち着きのある質感の高い乗り心地を実現した。

また、どんな天候や路面でも安心してドライブを楽しめるよう、滑りやすい路面での発進をサポートするグリップコントロールを標準装備。雪道やぬかるんだ路面で片輪が空転した場合、スリップした車輪をブレーキ制御。グリップしている車輪に、より大きな駆動力を加えることで走破性を高める。

◆マイパイロット パーキングを初採用

先進装備では、スムーズな車庫入れをサポートする「マイパイロット パーキング」を三菱自動車として初採用。駐車可能位置を自動で検知し、後退しての駐車、前進しての駐車、縦列駐車のいずれにも対応する。また、高速道路同一車線運転支援機能「マイパイロット」を搭載。レーダークルーズコントロールシステム[ACC]と車線維持支援機能[LKA]により、車間距離と車線中央付近をキープしながら走行することで、ドライバーの負担を軽減する。7インチカラー液晶メーターには、自車のブレーキランプ点灯の有無や「マイパイロット」の作動状況などを分かりやすく表示。安全性を向上させている。

また、安全・安心で快適なカーライフをサポートする「MITSUBISHI CONNECT」を採用。万が一の際の「SOSコール」の他、駆動用バッテリー残量やドアの開閉状況が確認できる「マイカーステータスチェック」、離れたところからもエアコンが開始できる「今すぐエアコン」、充電完了等を通知する「充電管理」、車両の駐車した位置を確認できる「カーファインダー(駐車位置確認)」などの便利な機能でカーライフをサポートする。

◆頼もしい電力源となる大容量の駆動用バッテリー

自宅でV2H(Vehicle to Home)機器と接続すれば、電力使用量の多い日中に駆動用バッテリーに蓄えた電力を家庭で使用し、夜間に駆動用バッテリーを充電するなど、電力のピークシフトに貢献できる。

駆動用バッテリーに蓄えた電力は一般家庭の約一日分に相当し、例えば停電などの際にはV2H機器を介して頼もしい非常用電源として活用できる。また、V2L(Vehicle to Load)機器を介して、例えばキャンプなどのアウトドアレジャーでも電化製品などを使用できる。

◆EVならではのクリーンなデザイン

エクステリアは三菱自動車ならではのSUVテイストのデザインに、ダーククロムメッキのフロントグリルやLEDのフロントフォグランプを採用するなど、EVらしいアレンジを加え、クリーンで洗練された印象とした。

ボディカラーはクリーンな印象をもたらすミストブルーパールに、電気銅線をイメージしたカッパーメタリックのルーフを組み合わせた2トーンを新規に採用するなど、2トーン5色、モノトーン5色の全10色展開とした。

インテリアは直感的で操作しやすい電子制御セレクターレバーや7インチカラー液晶メーターを採用し、EVらしい先進的なイメージとしている。インストルメントパネルは、USBポートや随所に設けた収納スペースなど、機能性にもこだわった。7インチカラー液晶メーターは、バッテリーステータスや電費情報、ナビゲーション情報など、EVとして必要な各種情報を分かりやすく表示。また、9インチスマートフォン連携ナビゲーションは、充電スポットや目的地までの推定電池残量などを表示する。

また、駆動用バッテリーを薄型化して床下にレイアウトすることで、クラストップレベルの後席ニールームと前席ショルダールーム、荷室容量を実現。さらに荷室後方からのワンアクションでシートスライドやリヤシートバックを倒す操作を可能にするなど使い勝手にもこだわった。アンダーボックスには普通充電ケーブルを収納でき、荷室空間を有効に利用できる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 三菱 eKクロスEV《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 eKクロスEV《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 eKクロスEV《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 eKクロスEV《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 eKクロスEV《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 eKクロス EV ラゲッジスペース《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 eKクロスEV《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 eKクロスEV《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 eKクロス EV ETC2.0《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 eKクロス EV シートバックポケット(助手席/モバイルポケット付)《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 eKクロス EV マルチアラウンドモニター(移動物検知機能付)《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 eKクロス EV 電動パーキングブレーキ《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 eKクロス EV SOSコール(エアバッグ展開時自動通報機能付)《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 eKクロス EV インパネ《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 eKクロス EV シート《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 eKクロス EV スマートフォン連携ナビゲーション《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 eKクロス EV ステアリングヒーター《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 eKクロス EV ステアリングスイッチ(マイパイロット)《写真提供 三菱自動車》
  • 三菱 eKクロスEV《写真撮影 雪岡直樹》
  • 《写真撮影 雪岡直樹》《写真提供 三菱自動車》
  • 《写真撮影 雪岡直樹》《写真提供 三菱自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ