HKS、EVコンバージョンシステムを紹介予定…人とくるまのテクノロジー2022

新車 レスポンス

エッチ・ケー・エス(HKS)は5月20日、「CASE」への取り組みと内燃機関技術の深化をテーマに「人とくるまのテクノロジー展2022 YOKOHAMA」、「人とくるまのテクノロジー展2022 ONLINE STAGE1」に出展すると発表した。

今回、EVコンバージョンシステムを展示する。システムには台湾XING Mobilityの液浸冷却バッテリーパックを採用、バッテリーセルを非導電性、不燃性の冷媒に直接浸し、効果的に熱を吸収して急速充放電する。異常時のセルにかかる熱応力を遮断、安全、高性能なEV コンバージョンシステムを紹介する。

360度防水通信型ドライブレコーダー、拡張型のIoTデバイスなどを紹介する。最適なIoTデバイスとコネクディッドサービスの提案でトータルサポートする技術を紹介する。次世代過給機としてターボジェネレーター(排気回生装置)、増速機付き電動過給機(トラクションドライブ増速式)を展示する。

また、先進ICE(内燃機関エンジン)の高効率化技術として、ラジアル(放射状)バルブレイアウト技術(燃焼室形状の最適化による高効率化)、プレチャンバー技術(急速燃焼による高効率化)などの技術を紹介する。

  • レスポンス編集部
  • 内燃機関の高効率化技術を紹介(イメージ)《画像提供 HKS》
  • 増速機付き電動過給機《画像提供 HKS》
  • TURBO GENERATOR(排気回生装置)《画像提供 HKS》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ