マツダ、フレアクロスオーバー の先進安全装備を強化

新車 レスポンス

マツダは、軽乗用車『フレアクロスオーバー』を一部改良し、先進安全技術の強化など装備改良と外観/内装の一部変更を実施。5月23日より販売を開始した。

フレアクロスオーバーは、スズキからOEM供給を受けた『ハスラー』をベースとする軽クロスオーバーSUV。今回の一部商品改良では、全機種に全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロール(ACC)と車線逸脱抑制機能を標準装備とした。

また、全方位モニター用カメラ装着車に狭路での接触防止をサポートするすれ違い支援機能を、「ハイブリッドXG」にLEDヘッドランプ(ハイ/ロービーム:オートレベリング[光軸調整]機構付)を追加した。「ハイブリッドXG」を除く全機種にはフロントワイパー時間調整機能と、USBチャージャー(インパネ×2)を追加。特別仕様車「ハイブリッドXSスペシャル」「ハイブリッドXTスペシャル」にはナノイーXをフルオートエアコンに搭載した。

ボディカラーでは、「ハイブリッドXG」「ハイブリッドXT」に「ピュアホワイトパール2トーンカラー」を追加した。特別仕様車「ハイブリッドXSスペシャル」「ハイブリッドXTスペシャル」には「シフォンアイボリーメタリック2トーンカラー」と「アーバンブラウンパールメタリック2トーンカラー」を追加。2トーンボディカラーのフロント&リアバンパーガーニッシュ色をボディ同色からルーフ同色へ変更した。

また、特別仕様車「ハイブリッドXSスペシャル」「ハイブリッドXTスペシャル」のインテリアカラーガーニッシュをチタニウムグレー色に変更した。

価格は144万2100円から188万6500円。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ