VWの電動ミニバン ID. Buzz、商用「カーゴ」仕様の受注開始

新車 レスポンス

フォルクスワーゲンは5月20日、新型EV『ID.Buzz』の商用バージョン「ID.Buzzカーゴ」(Volkswagen ID.Buzz Cargo)の予約受注を欧州で開始した。ドイツ本国でのベース価格は、乗用モデルよりも約1万ユーロ低い5万4430ユーロ(約737万円)と発表されている。

◆前席と荷室の間に固定式のパーティションを装備

ID.Buzzカーゴでは、エアロダイナミクスを追求したデザインを採用する。前面空気抵抗を示すCd値は0.29とした。これにより、エネルギー消費が削減され、航続を拡大する。

欧州での発売当初、全長4712mm、ホイールベース2988mmの標準ボディが導入される。2988mmのホイールベースは、フォルクスワーゲンの内燃エンジン搭載の主力商用車の『T6』比較として、2mm違うのみ。一方、T6の全長4904mmに対して、ID. Buzzカーゴの全長は192mm短い。これにより、T6と同様の室内長を維持しながら、より小さな駐車スペースに停めることができるという。また、ID.Buzzカーゴの全幅は1985mmで、『T6』よりも81mmワイドだ。全高は1938mmで、T6の全高1970mmと比較して、およそ30mm低くしている。

後席がなく、乗車定員は前席がセパレートの場合は2名、前席がベンチシートの場合は3名となる。前席と荷室の空間を分ける固定式のパーティションが装備される。このパーティションには、前席から荷室が確認できる窓ガラスが付く。ID.Buzzカーゴは3.9立法mの荷室容量を備えている。荷室フロアには、欧州で一般的な貨物規格の「ユーロパレット」を2個、横方向に積載し固定することができる。

◆「Car2X」による警告システム

最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載する。そのひとつが、「Car2X」による警告システムだ。他の車両や信号機などのインフラストラクチャから得られたデータを利用して、進行方向の危険をリアルタイムで検知し、その情報をドライバーに送信する。

また、自動ブレーキシステムの「フロントアシスト」も標準装備した。フロントアシストは、全速度域において、レーダーで前方の車両との距離を検知。衝突の危険が予測される場合には、制動距離の短縮化を図るため、ブレーキ圧を高めてスタンバイ状態を保持するとともに、ドライバーに警告音と警告灯による注意喚起を行う。その際、ドライバーが回避操作を行わない場合には、システムが自動で車両を減速させて衝突の被害を軽減する。

オプションで、スウォームデータを活用した「トラベルアシスト」が選択できる。これにより、高速道路での車線変更を含めて、全速度域で部分的な自動運転を可能にする。また、以前に走行したルートのデータを保存して、自動駐車の際に活用するメモリー機能を採用している。

◆バッテリーの8割の容量を30分で充電可能

フォルクスワーゲングループの新世代EV向けのモジュラー車台「MEB」をベースにする。そのアーキテクチャは、ソフトウェアとテクノロジーのさらなる開発を可能にするという。ID.Buzzカーゴは将来、無線アップデートによって車載のソフトウェアとテクノロジーを進化させていく。

モーターはリアアクスルに搭載する。最大出力201hp、最大トルク31.6kgmを引き出す。最高速はリミッターによって、145km/hに制限される。バッテリーはリチウムイオンで、蓄電容量は82kWh(正味容量は77kWh)とした。1回の充電での航続は、最大で424km(WLTPサイクル)。急速充電を利用すれば、バッテリーの8割の容量を充電する時間は、およそ30分で済む、としている。

  • 森脇稔
  • フォルクスワーゲン ID.Buzz カーゴ《photo by VW》
  • フォルクスワーゲン ID.Buzz カーゴ《photo by VW》
  • フォルクスワーゲン ID.Buzz カーゴ《photo by VW》
  • フォルクスワーゲン ID.Buzz カーゴ《photo by VW》
  • フォルクスワーゲン ID.Buzz カーゴ《photo by VW》
  • フォルクスワーゲン ID.Buzz カーゴ《photo by VW》
  • フォルクスワーゲン ID.Buzz カーゴ《photo by VW》
  • フォルクスワーゲン ID.Buzz カーゴ《photo by VW》
  • フォルクスワーゲン ID.Buzz カーゴ《photo by VW》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ