京セラ、ITS無線路側機など出展予定…人とくるまのテクノロジー2022

テクノロジー レスポンス

京セラは、5月25日〜27日の3日間、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で開催される「人とくるまのテクノロジー展2022横浜」に出展すると発表した。

今回「京セラのモビリティ技術で叶えるつながる地域社会」をテーマに開催する。見通しの悪い交差点の電柱や信号機などのポールに取り付けるITS無線路側機を出展する。車や自転車などと無線通信して、歩行者や車両の位置、信号情報などの交通インフラに関する情報を集約・配信する。

また、FIRカメラ路側機センシングシステムも紹介する。FIRカメラを使ったセンサーで、歩行者や車両を認識し、位置情報・速度情報などを検出できる。物体から放射される遠赤外線の映像化によって、夜間や雨・霧などの悪天候で人の目では確認しづらい状況下や、遠距離もセンシングすることが可能としている。

ステレオカメラ、ミリ波レーダー、周辺検知カメラなど自動車側の自動運転技術を支えるセンサーや部品に加え、先進モビリティと共同開発した車両制御ECUを搭載した実証実験用自動運転バスを、3Dホログラムサイネージで紹介する。

  • レスポンス編集部
  • 京セラ:ドライビングシミュレータ(イメージ)《画像提供 京セラ》
  • 京セラ:ITS無線路側機(イメージ)《画像提供 京セラ》
  • 京セラ:光学迷彩技術(イメージ)《画像提供 京セラ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ