日産 アリア、北極から南極まで走破へ…2万7000km以上

エコカー レスポンス

日産自動車の欧州部門は5月24日、EVの『アリア』(Nissan Ariya)が北極から南極までを走破する2万7000km以上のチャレンジを行うと発表した。

この挑戦は2023年3月に開始され、北極から南極まで2万7000km以上にわたる距離を、気温がマイナス30度から30度まで変化するさまざまな気候条件の中で走破する。北極から北米、中南米を経由し、南極大陸へと向かう移動ルートでは、雪に覆われた氷河や、険しい山脈、広大な砂漠を含めた場所を通過する予定だ。

チャレンジに使用されるアリアは、電動4WDの「e-4ORCE」仕様だ。北極圏や南極圏での極寒の環境や、過酷な地形での走行にも対応できるよう、ホイール、タイヤ、サスペンション、エクステリアをカスタマイズする。もう1台のアリアのe-4ORCE仕様は市販車と同じ状態で、遠征をサポートする役目を担う。

ドライバーを務めるのは、英国の探検家のクリス・ラムゼイ氏だ。同氏は、過去にもEVでの遠征を実施しており、2017年には妻のジュリー氏とともに、モンゴル・ラリーを『リーフ』で完走している。

  • 森脇稔
  • 日産 アリア と探検家のクリス・ラムゼイ氏《photo by Nissan》
  • 日産 アリア の北極〜南極の走破チャレンジ車両のスケッチ《photo by Nissan》
  • 日産 アリア の北極〜南極の走破チャレンジ車両のスケッチ《photo by Nissan》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ