オンデマンドバスの停留所を法人向けに販売 大阪メトログループ

業界 レスポンス

大阪メトログループは5月24日、オンデマンドバスの収益力の向上とニーズを掘り起こすため、エリア内の企業や施設などの法人に、新規乗降場所設置と既存乗降場所のネーミングライツを販売すると発表した。

オンデマンドバスは、実用化に向けた社会実験として北区(キタエリア)、福島区(福島エリア)、生野区(生野エリア)、平野区(平野Aエリア・平野Bエリア)の大阪市内4区5エリアで運行している。

今回、各エリア内の企業や施設などの法人が、近くに乗降場所を設置することで、通勤利便や集客力向上を図る。エリア内に乗降場所が増えることで、多くの人にオンデマンドバスを利用してもらう。

新規乗降場所の設置は月額2万2000円で、既存の乗降場所を企業や施設の名称に変更するネーミングライツが月額1万1000円。

今後、同社が目指す都市型MaaS(モビリティアズアサービス)実現に向け、継続したサービスアップに取り組み、大阪のまちの発展と、市民・顧客の生活の質向上に貢献できるよう取り組む。

  • レスポンス編集部
  • 大阪メトログループ・オンデマンドバス停留所(施設等へのステッカー掲示)《写真提供 大阪メトログループ》
  • 大阪メトログループ・オンデマンドバス利用法《画像提供 大阪メトログループ》
  • オンデマンドバスの新規乗降場所設置と既存乗降場所のネーミングライツを販売《画像提供 大阪メトログループ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ