「ノア/ヴォク」の牙城を崩すか? ホンダ『ステップワゴン』新型ついに発売、価格は299万8600円から

新車 レスポンス

ホンダはロングセラーミニバン『ステップワゴン』を7年ぶりにフルモデルチェンジし、5月27日より販売を開始する。

6代目となるステップワゴン新型は「素敵な暮らし」をグランドコンセプトに、歴代が培ってきた空間の広さや使い勝手のよさといったステップワゴンならではの価値をさらに拡大するとともに、頼もしくてなんでもできそうな余裕を追求。子育て家族の暮らしをより豊かに広げる可能性に満ちたミニバンへと進化した。

価格は299万8600円から384万6700円(消費税込み)。

◆シンプルな「エアー」と力強い「スパーダ」

ステップワゴン新型は、ユーザーのライフスタイルや暮らしのイメージによって選択できるよう「ステップワゴン エアー」と「ステップワゴン スパーダ」の2タイプを設定。また、ステップワゴンスパーダをベースに、エクステリアへのプラチナ調クロームメッキ加飾やスエード調表皮プライムスムースのコンビシートなどを採用し、質感をさらに高めるとともに機能を充実させた「ステップワゴン スパーダ プレミアムライン」を設定している。

ステップワゴン エアーは表面のディテールや勇ましいラインに頼ることなく、骨格とカタマリで「安心」を表現。「自由」を感じるクリーンでシンプルなデザインに、細いメッキモールをさりげなく施し上質感を演出している。一方、ステップワゴン スパーダは、リアに向けて伸びやかな流れをイメージできる造形としながらも、ワイドかつ重厚なフロントグリルと、ボディ下端全周に配置したメッキのモールによって、より力強く品格ある佇まいを表現した。

インテリアは、歴代モデルで築いてきた「家族のための大空間」を進化させ、自分の家にいるような居心地の良さと、新たな使い方が見つかる自由な空間を目指した。ステップワゴン エアーは、温かみのあるカラーを用いた明るい室内でリビングのような安心感のある室内空間に、ステップワゴン スパーダは、スタイリッシュな印象を与えるダークトーンのカラーで上質な室内空間にそれぞれ仕上げている。また、水平基調でノイズレスなデザインによって乗る人の視野を安定させ、乗り物酔いを起こしにくくしている。

◆ホンダ史上最大の車内空間

ステップワゴン新型ではロングルーフのボックスシェイプにこだわり、頭上空間のゆとりやインテリア各部の造形などによって広々とした空間を確保した。車内寸法は長さ2845×幅1545×高さ1425mm(e:HEVモデルは1410mm)。ホンダ史上最大の広さを実現した。その上で、「安心」と「自由」につながるボディのベルトラインの高さ設定や運転しやすい視界の工夫などを随所に施した。

また、家族の成長に合わせた多彩な使い方ができるよう、乗る人が自由に居場所を選べるシートアレンジを採用した。2列目シートは、前後へのロングスライドだけでなく、左右にもスライドできる構造としている(キャプテンシートのみ)。3列目シートは、好評の床下収納はそのままに、着座位置を高くするとともに、前方のシート、ヘッドレストの形状を工夫することで開放的な視界を実現。シートクッションの厚みも増すことで、3列目でも快適な座り心地を実現している。

コックピットには、視認性に優れた10.2インチデジタルグラフィックメーターを採用した。メーター左側にオーディオなどのインフォテインメント系、右側にホンダセンシングやナビなど運転支援系の情報を表示。ステアリングスイッチの位置と連携させることで直感的な操作をサポートする。

ステップワゴンとして新採用のパワーテールゲートは、開く角度を任意に設定可能なメモリー機能を追加し、狭いところでの使い勝手を向上した。パワースライドドアは、従来のハンドル操作に加え、軽く指先を触れるだけで開閉ができる静電タッチセンサー式を世界初採用。また、大気中のPM2.5などの微小粒子物質を検知し、空調制御とフィルターの組み合わせで空気を浄化する空調システム「クリーンエアー」を全タイプで標準装備し、乗る人すべてにクリーンな車内空調を提供する。

◆力強い走りと低燃費を両立するe:HEVモデル

パワートレーンは、モーター走行を中心にさまざまなドライブモードを使い分ける、ホンダ独自の2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」を搭載したハイブリッドモデルと、静粛性の向上と高出力化を実現した、1.5リットル直噴VTECターボエンジンを搭載するガソリンモデルの2種類をラインアップした。

e:HEVモデルでは、エンジンの徹底したフリクション低減により、熱効率の向上を追求した。モーターがもたらす低速から高速まで力強く滑らかな加速によるモーター走行の滑らかさに加え、クルーズ走行時にはエンジン直結技術による効率の良い走りを実現した。また、急な下り坂では、電子制御シフトポジションスイッチを「B」にすることでアクセルオフ時の減速度がより強くなり、下り坂でのブレーキ操作を軽減。ドライバーが安心して運転に集中できることに貢献している。走行用モーターは最高出力184ps/最大トルク315Nm、エンジンは最高出力145ps/最大トルク175Nm。20.0km/リットル(WLTCモード)の低燃費を実現している。

ガソリンモデルでは、低回転から力強い走りができるよう1.5リットル直噴VTECターボエンジンを採用する。最高出力150ps/最大トルク203Nmを発生。エキゾーストポートやタービン、コンプレッサーを改良してターボチャージャーの過給応答性を向上させ、爽快な加速フィールを実現している。また、ガソリンモデルには、ホンダ独自のAWDシステムを搭載したモデルも設定し、雪上走行や悪天候でも安定したドライビングを可能とした。

ステップワゴン新型ではロングホイールベースに加えてトレッドを前後ともに拡大。大柄な車体の車でも直進・旋回時の高い安定性を実現した。また、リアを中心に遮音材や吸音材を追加するとともに、フロアを高剛性化することで、1列目から3列目までの全席において静粛性や乗り心地の良さを高次元で兼ね備えた走行性能を実現した。

◆最新のホンダセンシングを全車標準装備

ステップワゴン新型はミリ波レーダーと単眼カメラの検知範囲を広げ、車両前後にソナーセンサーを装備。最新の安全運転支援システム「ホンダセンシング」を全タイプ標準装備とした。アダプティブクルーズコントロール(ACC)は全タイプで渋滞追従機能付きへと進化した。その他にも新たな機能として、後方誤発進抑制機能、近距離衝突軽減ブレーキ、オートハイビーム、渋滞運転支援機能であるトラフィックジャムアシストを追加。また、ステップワゴンスパーダプレミアムラインには、周辺状況に応じてヘッドライトの照射範囲を自動でコントロールするアダプティブドライビングビームを標準装備した。

また、新世代コネクテッド技術を搭載した車載通信モジュール「ホンダコネクト」を搭載。より安心・快適なカーライフが楽しめるコネクテッドサービス「ホンダトータルケアプレミアム」を利用できる。

◆スパーダベースの福祉車両も設定

ステップワゴン スパーダをベースとした車いす仕様車とサイドリフトアップシート車も設定する。

車いす仕様車はリクライニング車いすに対応した2列目乗車タイプ、3列目に乗車し、その隣に介護者が座れるタイプ、2列目と3列目に車いすの人が2名乗車できるタイプをラインアップした。サイドリフトアップシート車

車いすや杖を利用しているなど、通常のシートへの乗り降りが難しい人の負担を軽減。シートの両側から乗降をサポートすることができるため、介護者の負担も軽減する。

先代モデルから受け継ぐ使い勝手の良い3列目のマジックシートや、快適に使えるフローリングフロアに加えて、パワーテールゲートやトリプルゾーンA/Cなど、家族に「安心」と「快適」を提供するさまざまな標準装備や、ベースと変わらないスタイリッシュなエクステリアなど、新たな価値を提供する。

価格は339万6000円から383万円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ホンダ ステップワゴン e:HEV エアー《写真提供 本田技研工業》
  • ホンダ ステップワゴン e:HEV エアー《写真提供 本田技研工業》
  • ホンダ ステップワゴン e:HEV エアー インパネ(ブラック)《写真提供 本田技研工業》
  • ホンダ ステップワゴン e:HEV スパーダ プレミアムライン インテリア《写真提供 本田技研工業》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ