マルク・マルケス選手、右腕の違和感で4度目の手術を決定

モーターサイクル レスポンス

ホンダは、マルク・マルケス選手(レプソル・ホンダ・チーム)が4度目となる右上腕骨の手術を18か月ぶりに受けることを決断したと発表した。

マルク・マルケス選手は、2020年第2戦スペインGPでのレース中の転倒により右上腕骨を骨折し、これまでに3回の手術を受けている。MotoGPクラスで6度の世界チャンピオンを獲得しているマルク・マルケス選手だが、ここ数か月は思うように上腕が使えず、パフォーマンスを100%出し切れずに苦戦していた。

そこで、数々の専門家と本人の医療チームで手術を受けるべきかどうかを検証。その結果、5月31日に米国ミネソタ州ロチェスターにあるマヨ・クリニックで、動きがままならない右腕の違和感を緩和するために手術を受けることになった。具体的には上腕骨を切り、骨接合部を肩から取り除き、腕と肩の回転性を高め、肩の安定性を高める。

マルク・マルケス選手は術後の回復期間を終えたらスペインに戻り、リハビリに徹する。その後、医師が回復具合を見て、リハビリ期間を判断することになる。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ