トヨタ、ポータブル水素カートリッジのプロトタイプ開発…容易に持ち運びや交換可能

業界 レスポンス

トヨタ自動車と子会社のウーブン・プラネットは6月2日、手軽に持ち運びできるポータブル水素カートリッジのプロトタイプを開発したと発表した。

トヨタとウーブン・プラネットは、カーボンニュートラル実現に向けた様々な選択肢を検討する中、水素を有力な選択肢の一つと位置付けている。水素は利用時にCO2を排出しないクリーンなエネルギーであり、風力、太陽光、地熱、バイオマスなどの再生可能エネルギーを使って水素を製造すれば、製造工程でもCO2の排出を抑えることができる。

今回開発したポータブル水素カートリッジのプロトタイプは直径約180×全長約400mmのコンパクトサイズ。パイプラインなしで生活圏に水素を持ち運ぶことができる。また、カートリッジ型なので容易に交換でき、すぐに使用可能。小規模なインフラで対応できるため、災害時にエネルギーが供給されず孤立する地域や未電化地域などに貴重なエネルギーを供給できる可能性があるなど、幅広い用途への適用が期待できる。

両社はポータブル水素カートリッジについて、静岡県裾野市で建設を進める「ウーブンシティ」をはじめとした様々な場所での実証を通じて実用化に向けた検討を進めていく。

また、6月3日〜5日に富士スピードウェイにて開催されるスーパー耐久シリーズ2022 第2戦にて水素カートリッジのプロトタイプの展示を行う。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ポータブル水素カートリッジ(プロトタイプ)《写真提供 トヨタ自動車》
  • ポータブル水素カートリッジ(プロトタイプ)《写真提供 トヨタ自動車》
  • 水素カートリッジの使用イメージ《画像提供 トヨタ自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ