ルノー4車種に、電動スポーティ仕様「E-Techエンジニアード」を設定

新車 レスポンス

ルノーは6月1日、欧州向けの『アルカナ』、『メガーヌ』、『クリオ』(日本名:『ルーテシア』に相当)、『キャプチャー』の各電動モデルに、「E-Techエンジニアード」を設定すると発表した。

E-Techエンジニアードでは、フロントバンパー下側に「F1ブレード」を装着する。サイドとリアの下側、ホイールなどには、ウォームチタンのアクセントを追加した。車両の前後のエンブレムは、グロスブラックで仕上げる。

インテリアは、チタンカラーのステッチとダッシュボードや通気ダクトにゴールドのアクセントをあしらう。ステアリングホイールには、「E-Tech」を示す「E」の文字を配している。

  • 森脇稔
  • ルノー・アルカナ の「E-Techエンジニアード」《photo by Renalut》
  • ルノー・キャプチャー の「E-Techエンジニアード」《photo by Renalut》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ